やっぱりジャパニーズホラーが最恐!!!

ホラーを観ることがストレス解消な管理人が独断と偏見で綴るブログ

日常が脆く儚く壊れた物語【爛れた家~蔵六の奇病より~】

世界観に、どっぷりハマってしまった

  

ここからネタバレも含むため、ご注意ください。

 

 

少し昔の、どこかの地方での話

 

仲の良い兄妹。

どこか儚げな、何かがこの仲の良い二人の兄妹になにか不吉なことが起こってしまうのではないかと感じさせる雰囲気を持っていた

 

少し厳格な感じの父親と、優しい母親

 

そんな家庭に、それは突然やってきた

 

ある夜に、兄がすごい勢いで脚を掻いていた

それはどんどん悪化し、兄の形が変わっていった。。。

 

 

 

 

なぜ、父親は病院などに連れて行かず、そのままにしたのか?何もしない父親なのか?など疑問に思ったりもしたが、徐々にストーリーが進むにつれて、そんな浅い物語ではないことに気づく

 

 

 

 

 

タイトルにも含まれている 日野日出志さん は日本の漫画家さんでホラー漫画家の重鎮であり、この作品が世に受け入れられなかったら、漫画をやめようと決意したほどの思いれのある作品であるらしい

 

 

せひともこの漫画や、日野日出志先生の別の作品を観てみたいし、この映画を作った熊切和嘉監督の作品を観てみたいと思わせてくれる作品だった