目の大きさが違う、いびつで気持ちの悪いお面【ノロイ】

ノロイ」 

 目の大きさが違う、いびつで気持ち悪いお面が大きく中心にあり、周りに出演者が写っている表紙

 

話は、「ノロイ」を作成した作家・小林雅文氏の家が全焼し、中から妻が焼死体で発見、肝心の雅文氏は行方不明となったところから始まります。

そして、3つの怪奇な事件・現象が起きていきます。

それぞれの事件・現象は同時期に起こり、一見 関連性は無いようですが。。。

 

表紙にある気持ちの悪いお面は、ノロイは?

ドキュメンタリー形式で、普通にテレビに出ている方々もちょこちょこ出ていて、それがよりリアリティがあり、怖さを上げています

 

結構自分的には好きなホラー映画でしたが、人によっては好き嫌いがあるかもしれません。

リアリティのあるドキュメンタリー形式のホラー映画もたまにはいかがですか。