タイトルから連想してはいけません【グロヅカ】

 タイトルから、どんあグロテスクで残酷シーンがあるんだろうと期待して観てみることに、、、、しかし、、、

グロヅカ [DVD]

グロヅカ [DVD]

 

 

主演の森下千里さんは 映画研究部の女子大生という設定で、同じ部員や友人?などと一緒にとある山奥にある建物(どうやら女子大の寮らしいが、そこまでの道中は山道を通るし、どう考えても外観が廃墟っぽい・・)に向かう

そこで映画研究部が廃部になった要因と言われる映画をリメイクするためにやって来たのだ

 

登場人物はすべて女性で、いかにもお金持ちのお嬢様とそのお嬢様の下僕たち、引きこもりで口数少ない人など、とにかくみんな個性が強い

 

タイトルから、たくさんの残酷なグロいシーンがあると思ったが、言うほど無かったように思う

(あるにはあって楽しめましたが)

 

一番気になったのは、BGMです。

すごくシリアスなシーンなどで使われていたBGMはこれであってるの?とものすごく気になってしまい、すこし集中できなかった部分もあり、そこは少し残念だったかなぁ

 

あと、特典としてメイキングシーンが収録されていた。登場人物はすべて女性だったので、メイキングシーンはほのぼのとしてて良かったなぁ。

 

タイトルにそそられる王道のホラー【高速ばぁば】

高速ばぁば

もう、タイトルから ガツン と心を掴まれた

パッケージの「ばぁば」はいったい誰で、高速に動き回る!?

観る前から謎が深まるばかりでワクワクがたまらなかった

高速ばぁば [DVD]

高速ばぁば [DVD]

 

 

あらすじ

ジャージをコンセプトに歌って踊るアイドルグループ3人が、番組の企画で廃墟に肝試しに行くこととなり、スタッフ数人と向かうこととなった。

向かう前に、アイドルの一人の女の子が嫌がらせで他の子のジャージにホッチキスを突き刺し、その事で、アイドルの女の子の頬に傷ができてしまう。

廃墟には、まずは頬に傷ができてしまったアイドルの子が一人で肝試しを行うこととなり、その廃墟で不可解な現象が起こり始める。そして、そこで高速で移動する謎の老婆「高速ばぁば」と遭遇する。

頬に傷を負ってしまった子は傷がどんどん悪化し脱退となり、残った二人、そしてそのマネージャー、そしてスタッフにどんどん不可解なことが起こり始める。

廃墟で遭遇した「高速ばぁば」とは何なのか?その廃墟はなぜ廃墟となったのか?周りで起こる不可解な現象を食い止める方法はあるのか・・・

 

 感想

とある場所に訪れてしまったことによって、その日を境に不可解な現象が起こり始めていき、"呪い" が広がっていく。そしてその"呪い"に立ち向かっていくために抗っていく という王道のホラー という印象で、そこが良いと感じた

 

また、登場するアイドルグループの子らの間での妬み と カメラの前だけは仲良く振舞うというONとOFFの場面などもリアリティ感がすごく出ていて、楽しむことができた

 

しかし、めちゃくちゃ気になってしまったのは、アイドルたちの 歌と踊り・・・

歌と踊りの練習風景なども出てくるのだが、明らかにチープ過ぎて 笑ってしまう というか見るに堪えない感じだった・・・

これは、何かを狙った演出なのか?深読みしても最後までよくわからなかった・・・

 

あとは、グロテスクなシーンも程よくあり、人がどんどん狂っていく感じもあったりなど、丁度いいホラーだったのではないだろうか?

 

「高速ばぁば」に関して言えば、登場シーンが増えるごとに可愛いとさえ思うようになってしまったが、それは自分だけだけだろうか?

 

丁度いいホラーを見たい方はぜひ!!

青いバケモノと美少女【青鬼】

RPGツクール製のフリーホラーゲーム「青鬼」

 

ニコニコ動画Youtubeなどで紹介された事で、徐々に人気が出てきて、ライトノベルやアニメなど様々なコンテンツが生まれた

その実写映画の作品 

青鬼 スタンダード・エディション [DVD]

青鬼 スタンダード・エディション [DVD]

 

 

表紙のパッケージを見てもわかる通り、「青鬼」と呼ばれるでかい青いバケモノから逃げまくるという話

 

パッケージの真ん中にいるシュンくん役の須賀健太くんは気の弱い男の子役で、いじめっ子の男の子率いる集団と何故か一緒に洋館に行くことに

シュンくんを気にしてか、杏奈役の入山杏奈さんはその後を追っていき、その洋館に閉じ込められてしまう

そこで、不可解な現象が起こり、でかい、そして、気持ち悪い青いバケモノ「青鬼」が現れる

みんながこの洋館に訪れた意味は、、そして、無事に洋館から出ることができるのか、


AKB入山杏奈主演『青鬼』予告編

 

 

観て一番思ったことは

 

杏奈役の「入山杏奈」さん、めっちゃ可愛いっす・・・・

 

すいません。。。

でも、この映画を観て一番そこを思った・・・・

 

一時期、様々なフリーホラーゲームをやっていたことがあったが、この作品はやったことが無かったため、そんなに思い入れは無いので偏見無く観るつもりだったが、もうそこしかなかった。。。

 

でも、ほかの見どころとしては、

  • みんながなぜ、洋館に入っていったのか?その理由について
  • 「青鬼」の気持ち迫力

といった所だと思う

 

特に、なぜ洋館に訪れたのか?という点は最後の方で明らかになるため、美少女は見れたし!すっきりしたし、「青鬼」は気持ち悪いし!と見終わった後はすがすがしい気持ちになること間違いなし!?

 

ちなみに、シリーズ化しており、「青鬼 Ver.2.0」というタイトルで、新たな「青鬼」が出ているらしい

気が向いたら、観てみましょうかね